知っておかないとマズい『商売の常識』ベスト3(3年後に「本当だった・・・」と実感できます)

IcelandHorses

IcelandHorses

こんにちは、須野です。

商売やビジネスについて勉強していると、「これって、みんな言ってるよなー」「どこかで聞いたことあるなー」というフレーズがたくさんありますよね?

それだけ、常識化しているというか、それだけに知っておかないとマズい、ということもできます。

私、須野も例に漏れず「この話、よく本に書いてあるけど本当なのかな?」「でも直観的には、間違っているようにも思える・・・」ということがよくあり、実際に数年間ビジネスをするなかで「こりゃ、本当のことだわ!」と理解できたことがたくさんあります。

今回の記事ではそんな「知ってそうで、ちゃんとは理解(体感)できていない」ビジネスの常識のうち、
起業を目指すあなたは絶対に知っておかないとマズい3つをご紹介します。

商売の常識1.ドカンと売上があがる仕事より、細く長い仕事のほうがよい

どういうことかと言うと、

A.2ヶ月の集中的な仕事で1000万円の売上になる仕事
B.1年間、毎月続く仕事で、月80万円の売上になる仕事

の二つがあったとしたら、Bのほうがビジネス的にはよい、ということ。

一見、Aのほうがよさそうですよね?
だって、たった2ヶ月頑張ったら1000万円にもなるんですから。
あとの10ヶ月は遊んじゃおうかな、みたいな。

でも、実はちがうんです。
Bのほうが圧倒的に良い仕事。将来の成長につながる仕事なんです。

なぜかというと、

・毎月安定収入なので資金繰りがラクになる
・業務量に上下がないので、スタッフや外注などのリソース確保がやりやすい
・お客さんと長期的な関係が築けるので、1年後も継続する仕事になりやすい
・毎月繰り返しの仕事なので、社内にスキル・ノウハウが蓄積されやすい

↑こんなにメリットがあるからです。
業務量と収入が読める(予測できる)ようになるって、経営してるとこんなにありがたいことはないのです。

また営業的には、3つめの「お客さんと長期的な関係が築けるので、1年後も継続する仕事になりやすい」が
ものすごい価値が高いですね。
1年もいっしょに仕事していると、「来年も頼むよ」「他の仕事もあるけど、やってくれる?」という風に
なりやすいんですね。

逆にAは一気に仕事こなしてドカーンと収入になってよさそうですけど、

・スタッフや外注先などのリソースが離れる
・このプロジェクトが終わったあとの収入はまたイチから作り直し
・顧客との関係も途切れてしまいがち

など、じつはいいことがあまりないのです。

直観と反する「常識」なので、敢えて覚えておく価値があります。

商売の常識2.ブームに乗ってはいけない

ブームって、あまりいいことないです。
急激に売上があがりますが、下がるのも早いことが多い。

そうすると、またゼロからビジネスを立ち上げないといけなくなり、
「なんか一年中、ビジネス立ち上げに走り回っている人」になっちゃいます(笑)

また、ブームというのは怖いもので、きちんと儲けられればいいですが
素人が手を出すとケガしやすいです。
(私も大ケガしたことあります ^^;)

ただし、あなたの専門分野の中で起こったブームなら、
乗ってみる手もあります。専門分野で、そのマーケットのことをよく知っている人だったら
そのブームをうまく利用して顧客獲得し、ブームが去ってもそのまま継続して儲け続ける、
ということがやりやすいからです。

でも、素人、門外漢はブームに乗って、と色気を出すとヤケドしやすいのです。

商売の常識3.いちばんの売り物は自分の中にある

これもキレイゴトに聞こえる言葉ですが、本当です。
というか、自分以外のところから何か売りものになりそうなのを持ってきたところで、それは借り物に過ぎません。

借り物で長く商売か続けられるわけはないのです。

私がまずオススメするマーケティングの教科書に「ハイパワー・マーケティング」という本があるのですが、
これの英語原題は「 GETTING EVERYTHING YOU CAN OUT OF ALL YOU’VE GOT」(あなたが持っているものから最大限のリターンを得る)です。

外からの借り物で何かを得るわけではないし、あなたのすでに持っているもの“だけ”から、
十分にリターンを引き出すことができる、ということです。

商売していて、迷うときが必ずきます。
「どうやったらもっと儲かるんだろう?」「このまま続けてもいいのかな・・・」
そういときほど、人は自分の外に答えを求めがちです。

でも、そういう時ほど、自分に問いかけてみる。
ゆっくり時間をとって、ジャマが入らないところに行って、自分の心の中をのぞいて、
自分のやってきたこと、好きなこと、得意なことを振り返る。

すると、答えが見えてくることが多いのです。

・・・なんか自己啓発っぽいですが、商売の話ですよ(笑)

最後に

いかがだったでしょうか。
3つとも、すぐには成果や効果を感じにくいことですよね。

でも、本当に大事なことというのは、じわじわと漢方薬のように効いてくるものです。
この3つをいつも心に置いておいて、何かあったときは思い出してみる。

そういう使い方をしてくれると、あなたの3年後、5年後にきっと
ものすごい効果が感じられている状態になっていることでしょう。

 

P.S.

須野が10年の上海ビジネスで練り上げた『海外でも通用するマーケティング』を
メール講座にしました!21日間の大ボリューム!マーケティング・集客のエッセンスを無料で学べます

⇒  こちらから手に入れてください


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*