注意!起業したい人がやりがちだけど、絶対にやってはいけない3つのこと

Glaciers

Glaciers

こんにちは!須野です。

あなたはこのブログを見てくれているくらいですから、起業志望か、またはすでに起業しているかも知れませんね。
すでに起業できているのならよいですが、これから!という方には、ぜひ知っておいて欲しいことがあります。

それは、「起業準備にも順番がある」ということ。多くの人は、なぜか、この順番を間違えて遠回りしてしまいます。そのため、起業して半年も売上がゼロ、とか準備した資金がすぐに底を尽いてしまう・・・ということになりがち。

というわけで、今日はやりがちだけど、起業準備の段階では絶対にやってはいけないことをシェアしますね。

起業準備でやってはいけないことその1:会社設立の方法を調べる

まだ売り物も決まってないし、お客さんも一人もいないのに会社設立なんて、
十年早いです(笑)

というか、会社なんて作らなくても個人事業としてビジネスはいくらでもできますし、
設立手続きのこまごましたことを勉強する前に、マーケティング・集客・顧客獲得を
勉強したほうがよっぽどあなたの役にたちますよ。

また、会社設立のセミナーとかやる行政書士の人とかって、
プロでもないのにマーケティングとか経営とか語っちゃう人なんかもいるので、
要注意。

その人がマーケティングに成功しているのなら聞いてもいいですけど、
どこかで聞きかじったことを受け売りしているだけのことが多いと感じます。
百害あって一利なし。餅は餅屋なんで、行政書士には設立の手続きのことだけ聞きましょうね。

あと、いざ会社作ったあとは税理士との付き合いがはじまりますが、
税理士の言う節税対策も、経営の観点からは間違いなことも多いです。
間違ってもベンツなんて買っちゃダメですよ。

このあたりのお話はいずれ、まとめて書こうと思います。

とにかく、お客さんを取る。最初の売上をあげる。
もっと売上をあげる。いけそうだったら、会社設立を考える。
さほどいけなそうだったら、また違うことを模索する。
(あ、納税は各自、きちんとしてくださいね)

↑これくらいがちょうどいいのです。

起業準備でやってはいけないことその2:ホームページをつくる

「え?いまどきホームページくらいないとダメなんじゃないの?」

といわれそうですね。確かにそうです。
が、いちばん最初にやることではないです。

少なくとも、お客さんが一人もいない段階では、絶対につくってはダメ。
理由はいくつかありますが、まずは

・ホームページを作ったことで、仕事をした気になってしまう

↑これがいちばん大きいですね。

ホームページって一見大きな「成果物」なので満足感があります。
デザイナーさんとカフェで打ち合わせなんかしてると、
なんかちょっと、いっちょ前に起業家になったみたいですごくワクワクするんですよね。

ま、それはそれでいいんですが、
実際は何の仕事にもなっていないことが多いです。

なぜなら、売れるホームページが最初からできるわけはないからです。

だって、あなたにはまだお客さんもいない、買ってもらった実績もない。
だからお客さんから話を聞くこともできない。

そんな状態で、売れるホームページができたら天才ですよ。

お金もそれなりにかかりますしね。
しかも、お金を払うと、これもまたちょっとした満足感が出てきちゃうんですよね・・・
だから「本当の仕事」に取りかかるのがどうしても遅くなってしまうのです。

本当の仕事とは・・・一刻も早く「最初のお客さんを見つけること」です。

そのためには、

物販ならヤフオクとアマゾン
コンサルならブログ

↑こういう、すでに出来上がっているツール(しかも無料)にガンガン情報を出して、
お客さんのほうからあなたを見つけてもらう。

そしてそのお客さんに徹底的にインタビューして、次のお客さんを見つける手がかりにする。

↑これが先です。

ホームページは、ある程度お客さんを得て、
お客さんが欲しい情報や機能が分かってから作りましょう。

この順番を守ることで、スタートまでの時間が短くなり、
ムダな労力とお金を使わないで済みます。

起業準備でやってはいけないことその3:ロゴをつくる

ま、これは別にやってもいいですけどね(笑)

ロゴのほかには会社のパンフレットとか名刺とか、ですかね。

なぜかというと、
これも「作っただけでいっちょ前になった気がして、ヘンに満足してしまう」
ものだから。

逆にいうと、ロゴやパンフレットがなくてもビジネスはできますからね。
私の本業(中国でのマーケティングコンサルタント)では、
ロゴや名刺こそありますが、いまだに会社案内のパンフレットすら作っていませんからね。

ブログやホームページがパンフ代わりで、
お客さんが私のところにアプローチしてくれるまでに
必要な情報はほとんどお客さんに伝わるようになっているからです。
(こういう仕組みを「セールスプロセス」と言ったりします)

ま、ロゴ作ったりするのは楽しいし、
さほど労力がかかるわけでもないですから、やってもいいですが・・・

それよりも、まずは1人目のお客さんを取ることが先ですよ、
ということが何よりも重要。

最後に

いかがだったでしょうか。
ホームページや会社設立なんて、あとでいくらでもできます。

でも、今のあなたにしかできないことは、
「あなたという商品を買ってくれるお客さんはいるのか?いるのならどこにいるのか?」
という問いに、一刻も早く答えを出すこと。その手がかりを見つけることです。

お客さんに満足してもらう商品やサービスがないのに、
ロゴがキレイにできたからお客さんが来てくれるか?そんなことはありませんよね。

逆に、潜在顧客に喜んでもらえる商品やサービスが準備できている状態だったら、
ロゴもなくてもホームページがなくても、あなたは確実に売上をあげられます。

まずは、一人目のお客さんを見つける。次に、その人のことを徹底的に知る。
そして、二人目のお客さんを見つける手がかりにする。そして、その人のことを徹底的に知る。
そして三人目・・・以下繰り返し。

↑これ以外のことは、今のあなたには必要ありませんので、
よーく心に刻んでくださいね。

 

P.S.

須野が10年の上海ビジネスで練り上げた『海外でも通用するマーケティング』を
メール講座にしました!21日間の大ボリューム!マーケティング・集客のエッセンスを無料で学べます

⇒  こちらから手に入れてください


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*