ブログ立ち上げから「最初のお客さん」までの苦しさを乗り切る方法。

milk-no-sugar.02jpg

milk-no-sugar.02jpg

● ブログ立ち上げから「最初のお客さん」までの苦しさを乗り切る方法。

須野です。こんにちは!

土曜日ですね。いかがお過ごしですか?
ここ上海はまあまあの天気ですが、恐怖のPM2.5が襲来・・・

毎年、冬になるとPMが飛ぶんですよね。。
今日はマスクつけて外出です。

■さて。

ブログ立ち上げから「最初のお客さん」までの苦しさを乗り切る方法。

です。


起業したいのであれば、お客さんを見つけないといけません。
どうやって見つけるのか?

という話になりますね。

・ホームページを作ればいいのか?

ホームページは重要ですが、いきなりはやらないほうがいいです。
なぜなら、あなたが考えているビジネスに需要があるのか、
競争に勝てるのか分からないのに、お金をかけてホームページをつくるのは
ムダになってしまう恐れがあるからです。

なので、まずはブログをお勧めしています。

ブログであれば、記事を書きながらお客さんの反応を見れます。
書いた記事に反応がなければ、つまりアクセスがなければ
その内容、ノウハウには需要があんまりありませんよ、ということなのです。

なので、次の記事はちょっと内容を調整していきます。

何なら、ブログ自体のタイトルも変えちゃったりしますし、
サービスの内容まで変える場合もあります。

というか、そうやってお客さんの反応を見ながら
微調整を繰り返していくことで、やっとお客さんが
いっぱいの状態に近づいていくことができるんです。

■とはいえ、ブログの場合1記事書いてすぐ反応が来る、というわけにもいきません。

そのブログが検索されるようになるまで、
3ヶ月~6ヶ月くらいかかるのが普通です。

(それまでは、毎日更新をお勧めします。

記事数100くらいまでは、一気にやり遂げると

スタートダッシュがかかりますよ!)

で、この数ヶ月、ガマンできない人が多いのです・・・

「こんなことやって何になるんだ・・・」

「誰も見てないブログ書き続けて意味あるのか?」

「こんなんで集客できるわけない!」

って段々、考えが悪いほうへ悪いほうへ流れていってしまうんですよね ^^;

私もそうでしたから、よく分かります。笑

こうならないために、以下の方法をお勧めしています。

■ブログだけにこだわるのを止める。

という方法です。

集客はブログ!

って思い込んでしまうと、キツくなります。

なので、リアルでもお客さんを取ってみるのです。

友人や同僚、親せきなどに、あなたのサービスを買ってくれそうな人、いませんか?

きっと、いると思います。

そもそも、あなたがそのサービスを思いついたのは、
周囲にそれを必要そうな人がいたから、の場合が多いですよね。

ダイエットのコンサル、コーチをしょう!

と決めたのは、周囲にあまりにも不健康で、太りそうな
生活をしてる人が多いから、だったり、

恋愛のコーチをしよう!

と決めたのは、素材はいいのに考え方がズレていたり、
積極性が足りないだけでうまく彼氏(彼女)ができない人が多いなぁ
と感じたから、

ではないでしょうか?

であれば、そういう人に「やってみません?」
って言ってみる。これだけで、最初のお客さんがとれることが多いものです。

(もちろん、あなたにそのチカラ、ノウハウがあることが前提です。
もしなければ、必死に勉強する覚悟がないと難しいですよ)

■とはいえ、いきなりお金をもらうのはアレかも知れません。

そういう人は、タダでいいから、って言ってもOK。
ただし、うまくいったら「お客さんの声」くださいよ、的なことで十分です。

お金がもらえそうな間柄だったら、もちろんもらうのがベストですよ。

こうすると、あら不思議。

「コンサルやりたい人」から、

「今、コンサルやってる人」

になれちゃうんですね~

この差は大きいんですよー。

■なぜなら。

あなたの書く記事に「今、やってる感」が生まれます。
「この人、ちゃんとコンサル、コーチしてるんだな」って読者に思ってもらえるんですね。

逆に、読んだノウハウ、学んだノウハウばかり書いていると、
読者にも伝わっちゃうものです。
「この人、ホントにやってるのかな?」

このとき、「やってる感」を演出するポイントがあります。
(演出というか、ホントにちゃんとやってるんですが ^^; )

「昨日、クライアントが・・・」

とか、

「明日、●●のコーチングなんですが、こんな準備をしています」

など、いかにも「クライアントがいますよ~」
「日々、サービス提供してますよ~」ということが伝わる文章で書き始める、ということです。

このテクニック、値千金ですよ。
画像などもうまく使えるといいですね。

実際にコンサルしてる場面を引きで撮ってみる、とか。

これを繰り返していると、読者はいつのまにか
「ちゃんとクライアントのいる、コーチ・コンサルの文章」という風な態度で
読んでくれるようになります。

ですし、何よりも実際にサービス提供しているほうが、
ブログのネタも豊富に出てくる、というのも大きいですね。

頭で搾り出すより、実際にあったことを書くわけですから
(もちろん、クライアントの個人情報には配慮しましょう)

というわけで。

【今日のポイント】

・現代の集客は、「お客さんから見つけてもらう」のが必須
・そのためには情報を発信しないといけない
・そのための媒体は、ブログからスタートするのが賢明
・ブログからの最初のお客さんを得るまでの数ヶ月は、リアルなつながりで
クライアントを取ることも有効
・そのクライアントとのやり取りをブログに書くことで、
「ちゃんとやってる感」を醸し出せる、ネタになることも大きい

ぜひやってみてください。

須野テツ

P.S.

須野が10年の上海ビジネスで練り上げた『海外でも通用するマーケティング』を
メール講座にしました!21日間の大ボリューム!マーケティング・集客のエッセンスを無料で学べます

⇒  こちらから手に入れてください


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*