サラリーマンって損だよなぁ・・・と私が思う3つの理由。

DoorGolden

DoorGolden

こんにちは、須野です。

いきなりですが、現代ではサラリーマンをするよりも自分でビジネスを持つほうが、かなり幸せになれると思っています。

私自身、大学卒業後はサラリーマンを数年しましたし、今も友人や取引先のご担当者の多くはサラリーマンです。サラリーマンの実態は、想像だけでなく、かなりの実感をもって、知っています。

また、起業して自分のビジネスを運営するということの大変さ、とくに事業が起動に乗るまでの労力や、お金にまつわる不安など起業のもつマイナス面もよーく知っています。

両方の良さと、あんまり良くない面を知ったうえで、「やっぱり起業するほうがいいよね」と、心から思うのです。

この記事では、その理由をシンプルに3つにまとめてみました。起業したい!とか、すでに起業してるけどなかなか軌道に乗らなくてツラい・・・という方には、腹を据えるきっかけになるかも知れません。

もちろん、「幸せ」の基準は人それぞれですし、あなたに私の価値観を押し付けるつもりはありません。押し付けたくありません。さらに、サラリーマンの方が悪いと言っているわけでも、もちろんありません。どちらかというと、サラリーマンという働き方を損なものにしてしまっている今の社会に疑問を投げかけたいのです。

そういう価値観もあるよねーと知った上で、自分は(あなたは)どちらを選ぶのか。という選択の問題です。この記事がその選択の手助けになれば嬉しいです。

理由① 人生のコントロールを失ってしまう

人生のコントロールとは、

・どこに住んで
・いくら稼いで
・いつ、何をして過ごすのか

を、誰が決めるのか?自分で決められるのか?ということです。

私が新卒で勤めた会社は全国に支社があったのですが、
入社時の契約に「どこに転勤しろと言われても、文句は言えない」という主旨のことが
書いてありました。

「○○支社に言ってくれ」と言われて、いや、そこはちょっと・・・
なんて言おうものなら閑職に押しやられて給料が上がらなくなりました。

違う会社に勤めている友人のケースですが、「半年間くらいをメドに、○○県(西日本の地方都市)に行ってくれ。
立ち上げが終わったらすぐ戻すから」といわれ、はや3年目です(笑)。
しばらく戻れる気配はない模様・・・。

収入も、○○長になったら年収いくらだよなーという見当はつきますが、
じゃあ○○長になれるのって、かなり競争の激しいイスの奪い合いだったりします。
企業自体が成長しないですから、ポストって増えないんですよね。

あなたのビジネスがあれば、いくらの収入が欲しいと思ったら、
単価はいくらだから○○人集めればこれだけの売上になる。
経費差し引いて、税金払ったらこれだけ残るぜ~という計算から、
どれだけ頑張ればいいかはじき出せます。

「といっても、○人お客を集めようって、難しいことでしょ?」と思うかも知れませんが、
ちゃんと勉強して、実践すればできます。

サラリーマン社会で、部長になろう!と考えて、仕事と人間関係の対策を考えて、
実践しても、部長になれるかどうかってほとんど「運」じゃないですか?
部長に仮になれても、収入って・・・ですよね。

それに比べると、自分のビジネスで目標の収入を立てて、
そのためにする努力。そのリターンの確実性って、よっぽど高いです。

もちろん、自分のビジネスで好きなだけ稼げれば、
どこに住んで、いつ働くかも自分で好きなように決められます。

どこも混むし、料金も高くなる夏の時期にみんなと合わせて休みを取らなくても、
空いててお手ごろ価格のときにレジャーも楽しめます。

理由② 資産がなかなか蓄積されないから、いつまでもラクにならない

起業したら、常に自分に問いかけて欲しいのが
「この行動は資産になるのか?」ということ。

資産とは、繰り返し収入を生んでくれる資源のことをいいます。

たとえば、新規のお客さんの仕事を請けるかどうか、考えていたとしましょう。
その仕事が長期的に続きそうだったら、受けたほうがいい可能性が高いです。

でも、何百万円の売上になるけど、一時的な仕事で、
かつその後も仕事になるかどうかは分からない。

↑こういうケースは、もちろん場合によりますが、
受けないほうがいい、と判断することも大切です。

なぜって、資産にならないお客だなー
と思うからです。

既存顧客って、資産なので、その中でもより資産価値が高いお客さんを
優先していきたいわけですね。

でも、あなたが雇われの営業マンだったら・・・

当然、その地域を担当している間は、既存顧客が資産になります。
でも、急に配置換えで転勤しなきゃならなくなったら・・・

自分が蓄積してきたものが、「自分の資産」じゃなかったんだ、会社のものだったんだと気づかされる瞬間です。

また、自分のビジネスだったら、ビジネスで利益が出たら
この利益を次のビジネス拡大に使えて、さらに自分の収入を増やすことができますよね。

でも、サラリーマンだったら・・・あなたが稼いだ利益は、
他の赤字の部門の補填に使われてしまうかも知れません。

そのお金を使わせてもらえれば、もっとあなたは利益を稼げたかも知れないのに・・・

でも文句は言えませんよね。

ビジネスマンとして優秀であればあるほど、蓄積した資産が会社に取られてしまう悔しさを知っているのではないでしょうか。

理由③ 周りと比べるクセが抜けない

ちょっと話が飛びますが、貯金がなく、本人たちも経済的に苦しいなぁという実感が強いのは、どれくらいの収入層だと思いますか?

それは、年収で1000万円くらいの世帯だそうです。

1000万って、結構な収入ですよね。
なのに、なぜ「経済的に苦しい」なんて思ってしまうのでしょうか?

それは、「見栄の消費」が非常に多くなるから、だそうです。
どんなものかというと・・・

・高級車
・高級マンション
・子どもは私立に行かせる
・外食はちょっといいイタリアンかフレンチ
・着るものにもこだわり(ブランド品)
・年に数回の海外旅行
・奥さんは専業主婦

↑こんな感じが、ギリギリ実現できてしまうんですよね、1000万円って。
でも、全部やってたら貯金はできないんでしょうね・・・。

でもこれって、サラリーマンの方ならではの現象じゃないか?って思います。
だって、起業家・事業家だったら、年収1000万円なんて大した消費はできない、って実感がありますし、そもそも周囲と比較して見栄を張る必要はないですからね。

もし、上のような生活をしたかったら、1500万円、2000万円の年収を取りにいきます。それができるのが起業家ですし、したかったらやればいい。

でも、こういう生活をしたいから頑張る起業家っていうのも、少ないんじゃないかと思います。

というのは、起業家にとって、売上や利益、収入というのは
「自分のやっていることが価値があると、社会に認められていることの証明」に過ぎないからです。

大きな収入がある、ということは、それだけ自分の事業には価値がある、ということなので、それだけでもう十分、みたいなところがあるんですよね。

ま、人によると思いますが。

でも、消費に関して常に周囲の水準をチェックして、
何とかしてそれに遅れを取らないように・・・と考えているようなところ、ありますよね。
それは、果たして幸せなことかなぁ・・・と思ってしまいます。

最後に

いかがだったでしょうか?
サラリーマンの方の実態については、情報源も偏っていると思いますが
大きく外してはいないと思います。

別に批判がしたいわけではなく、優秀な方だからこそ、サラリーマンを続けていくと
損をするよなぁ、というのが本当に言いたいことです。

その能力を、サラリーマンとしてでなく、起業家として発揮すれば、
数年で人生のコントロールと、繰り返し収入を生んでくれる資産と、
周囲と比較しない自分ならではの幸せ、を手にいれることができると思うのです。

この記事の内容に感情を動かされる人ほど、起業を考える必要があるのではないでしょうか。

p.s.
この記事に少しでも「なるほどー」「そうかもねー」と思ったら
いいね!を押してください


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*