なぜ起業するなら海外なのか?5つの理由

VeniceHill

VeniceHill

私は海外起業の支援を標榜していますが、そもそもなんで海外起業なのか?(日本ではなく)
ということについて、あまりちゃんと説明していませんでした。

新しいブログを立ち上げた今が、それを改めて考えるいい機会なので、まとめてみました。

起業するなら海外だよね!というあなたの参考になれば幸いです。

1.成長市場のほうが立ち上げやすいから。

これはわかりやすいですね。
市場全体が成長しているので、あなたが入り込む隙ができやすいのです。

もしあなたが日本で起業するにしても、
最初は必ず、成長市場を選ぶようにしてください。

立ち上げがぐっとラクになるのが、実感できるはずです。

2.その土地のNo.1、エキスパートになれるから

これは私自身も経験してますので、
そのパワーは証明済みです。

伸びている国にいち早く入り込み、
比較的長期に需要がのぞめる分野で実績をつくり、第一人者になってしまいましょう。

そして、それをあらゆる手段で世間に知らしめましょう。

すると、あなたはこんな経験をするはずです↓

・何もしていないのに、次から次へとお客さんが押し寄せます

・お客さんをさばききれないので値上げをしても、まだお客さんが途切れません

・「新規のお客さんは受け付けていません」とアナウンスしても、どうしてもというお客さんが来てしまいます

・競合がつぶれ、頼んでもないのにあなたのところへお客さんを紹介してくれます

・事業が安定するので、あなた自身は他のもっと面白そうな事業を始められるかもしれません

↑こんな風になりたかったら、いち早く進出する国と、ビジネス領域を決めてさっさとスタートするのがいいでしよう。

3.日本のモノ・サービス・考え方はまだまだ世界に売れるから

アニメやゲーム、そのキャラクターグッズなどが世界的に受け入れられているのは有名ですよね。
それ以外にもカメラや、ある種の電子機器などは日本がぶっちぎりに強い分野として定評があります。

また、日本食がヘルシーさをフックにして世界的にブームですし、
中国ではカレーやラーメン、うどんなど「日本的ファーストフード」とも言えるカテゴリーが急成長中です。

おいしさは当然として、手軽さ、健康的なイメージ、メニュー構成、
クオリティの高い店舗運営などが現地の人びとの心をつかんでいるからです。

まだまだ日本には埋もれた「よいもの」がありますし、
東京オリンピックも控えていますので世界の注目が集まっています。

あなたが「世界に通じる日本の価値」を掘り起こして、各国に売り込み、スタンダードにしていくことすら可能なのです。

4.新しい価値観の伝道師になれるかも知れないから

外国に住むということは、その国の価値観を多かれ少なかれ、学び、吸収するということです。
たとえ先進国でなくても、どんな国にも、日本人が学ぶべき優れた価値観や考え方というのがある、といえます。

私は中国で、

・家族を第一に考えることで、自分自身も深い安心感、安定感を感じることができること

・人が動くところ、モノが動くところにビジネスのチャンスはあり、注意深く観察しておくことで、そのチャンスをつかむことができること

・家族に軸を置くことで、逆に世界に目を向ける余裕ができ、より大きな機会を視野に入れられること

・政府や行政、世間をあてにしても良いことはなく、自分のチカラで稼ぎ、しっかり貯めて、資産に働いてもらうことから目をそらさないこと

などを学びました。これらの考え方は、私の生き方に深い影響を及ぼしています。

これらの価値観は、日本に住む人にとっては新鮮で、人生をより良く生きるヒントになるかも知れません。
あなたが、そういう価値観を持って帰って、日本に広めることができたら…価値のある、すごいことだと思いませんか?

5.日本のよさに気づくきっかけになるから

海外で起業しましょう!なんて言っておいて何ですが、私は日本が大好きです。

いままで訪れたどんな国よりも、はるかに日本のほうがよい国だと思いますし、
その想いはこれからとの国に行っても、住んでも!変わることはないと思います。

テーマとずれるので細かくは書きませんが、外国に行けば行くほど、長い時間を過ごせば過ごすほど、日本のよさがますます実感されるのです。

きっと、国を出ることなく、ずっと日本に住んでいたらここまで思うことはなかったのでは?とも思います。
自分の国をもっと好きになるきっかけを与えてくれた海外起業に感謝!なのです。

いかがだったでしょうか?
後半は若干、私の個人的な感想に近くなってしまった感はありますが…^^;

この記事が、起業するなら海外だ!と思っているあなたの背中をちょっとでも
押すことになれば、こんなに嬉しいことはありません。

p.s.
この記事に少しでも「なるほどー」「そうかもねー」と思ったら
いいね!を押してください


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*